妥協はあっても失敗は少ない~建売住宅~

一生で一番大きな買い物と言われる住宅購入。絶対に後悔はしたくないですよね。
理想の家を手に入れるにはコストはかかるけれども注文住宅しかない、と考える方は多いかと思います。しかし、注文住宅にも失敗はあるものです。
注文住宅の場合、ハウスメーカーや工務店からもらった図面をもとに間取りを検討していきます。

当然、これから住宅を建てるので自由度は高いです。
しかし、この自由度が高いことが落とし穴になることがあるのです。
自分の思いを100%反映して建ててもらったにも関わらず、いざ住み始めると使い勝手が悪かった・・・なんて話をしばしば耳にします。

住宅を販売する営業マンは住宅のプロとはいえ、せっかくの受注を逃したくないと考え、住宅の素人である購入者の言いなりになってしまうケースがあります。こういったケースでは、せっかくの注文住宅が素人が考えた住み辛い家になってしまうことがあるようです。

ところで、建売住宅の場合は既に建築済の実物を確認することができます。
なので、実際の生活環境をイメージして購入を検討することができます。
「もっとリビングに日当たりが欲しいな。」とか「収納スペースの使い勝手が悪い。」
などの住み心地を購入前に確認できるということは建売住宅の大きな強みだと思います。

多少の妥協を余儀なくされても大きな失敗は少なく、価格も比較的抑えることができるので、建売住宅の購入も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?