住宅を購入する際に考えておきたいこと

住宅を購入する際に、もちろん将来にわたって返済ができるかという観点でローンを組むことになりますが、その際に注意しておきたいことがあります。
住宅購入の際には不動産への諸費用や登記の費用、引っ越し費用や家具など実にいろいろな費用がかかりますね。

 

しかし、引っ越した後も住宅ローン以外にかかる費用があることをきちんと覚えてきましょう。
固定資産税や数年ごとに払う火災保険の費用は思い当たる人も多いかもしれませんがそれだけではありません。

 
一軒家であれば、住んでいる地域によっては地域のガス管や排水管の工事などに関する費用を負担する可能性もあります。
他にも住宅のメンテナンス費用も見過ごせません。

 

10年もすれば外壁や屋根の塗り替えなども考えなければなりませんし、ガスコンロやオフロ、トイレなども傷んできて修理や取り換えが必要なります。

 

 

20年以上経つとふすまや窓の立て付けが悪くなったり、ドア枠が歪んできたり、修理費用が掛かってくる場合もあります。

 

 

家を購入する際にはローンや保険費用以外にも家のメンテナンス費用が必要になってくることも考えて資金計画を立てましょう。

 
PR|戸建ては土地選びが大切|